初対面ではなぜ緊張するのか?

初対面ではなぜ緊張するのか?

 

人はなぜ、初対面で緊張してしまうのでしょう。

 

 

 

初対面の人と会うと、
どうしたら良いのか分からなくなるからです。

 

 

何を意識して話せば良いのか迷い、初対面の人に
対しては、自然に会話するにはどうすればよいのかで
過剰な緊張を生んでしまうのです。

 

 

 

簡単に言うと、その人がどんな人かわからないから、
初対面では緊張してしまうわけです。

 

 

 

初めての状況で失敗するかもしれないから
という恐れが心理的にダメージを与えます。

 

 

 

元々、初対面は緊張するものだと
思い込んでいるから、そうなるという考えもあります。

 

 

 

また、初対面の場合、自分よりも相手の方が偉いと
思っているふしがあり、それが緊張を生みます。

 

 

 

初対面の人に対しては、
ここに気をつけることで失敗しなくなる、
というスキルを身に付ける必要があります。

 

 

 

緊張しているのは相手も同じだということに気付くことです。

 

 

 

初対面でいきなり気の利いた話ができることは、
誰しもが期待していません。

 

 

 

いきなり重い話題だと返答に困るので、
どんな話でもいいから会話のきっかけを
与えてやることです。

 

 

 

沈黙の続く間の悪さを救うことができれば、
相手はホッとします。

 

 

 

話す内容にこだわるより、
何でもいいから話をすることが大事です。