人見知りで初対面が苦手

人見知りで初対面が苦手

 

人見知りの人は特に初対面の相手と
話すことに苦手意識を持っているようです。

 

 

 

苦手意識から会話ができなくなったり、相手が
自分をどう見ているかが気になって余計に話せない
という悪循環に陥ったりします。

 

 

 

人見知りなために初対面では話さないという人も
いますが、相手から怖そうな印象や暗そうという印象を
持たれてしまいがちです。

 

 

 

でも実は人見知りな人は他人からどう思われて
いるかが気になりすぎるために人見知りしている
というケースが多いのです。

 

 

 

人からどう見られるかが気になっているのに
自分の思惑とは逆の印象を持たれている
としたら損ですよね。

 

 

 

人見知りを克服して初対面の相手からも
悪い印象を持たれないようにするには
どうしたらいいでしょう。

 

 

 

人見知りの原因は一つに‘自分が’どう思われて
いるか気になるという風に、興味の対象が‘自分’に
あることです。

 

 

 

 

興味の対象を‘他人’にすることで、自分のことを
話すのではなく相手のことを聞き出す会話ができますし、
相手がどんなことをしてほしいか、どんな話に興味があるか、
何を考えているのかなどに気を配ることができます。

 

 

 

相手が喜ぶ発言や行動を考えていると、人見知りで
悩んでいた方でもコミュニケーション能力が自然と
上がるでしょう。

 

 

とはいえ、考え過ぎは禁物です。

 

ほどほどに考えてどんどん話しかけてみましょう。