初対面でも親近感を感じるときは

初対面でも親近感を感じるときは

 

初対面でも親近感を感じるときは、普通なら、
他人には話さないような話をされた時です。

 

 

 

初対面であるにも関わらず、いきなり重い話を
されると、話されたほうはそれだけ相手から
信頼されていると感じます。

 

 

 

過去の暴露系話や、過去の恋愛で大きく傷ついた
ときなどの話を初対面でされると、なんとなく嬉しい
もので親近感を覚えます。

 

 

 

人間関係というのは、段階を経て徐々に構築されて
いくもので、顔をあわせる回数が増えるごとに、
軽い話題から次第に重い話題へと移っていくものです。

 

 

 

実際、顔をあわせればあわせるほど、タメ口になって
いくのは事実で、それによって親しみがわいてきます。

 

 

 

通常、親しみがわかないと、重い話題はできない
のが普通で、特に初対面の人に対しては軽い話題
しかできないのが普通です。

 

 

 

 

そうしたセオリーがあるので、初対面の人がいきなり
重い話をしてくると驚き、自分は信頼されていると
錯覚して、親近感を覚えるわけです。

 

 

 

このテクニックを上手く使えば、初対面から短期間で、
すぐに昔からの知り合いのような親密な仲になれる
可能性があります。

 

 

 

人は誰もが、
親密度と話題の重さは比例すると考えているのです。