良い印象を与えるメール術

相手に良い印象を与えるメール術

 

相手への印象を左右するのは
何も会っているときだけではありません。

 

 

 

メールによっても相手に良い印象を与えたり、
反対に悪い印象を与えたりします。

 

 

相手に良い印象を持ってもらえるようメールにも
気を配りたいものです。

 

 

 

そこで、相手に良い印象を与えるメール術を紹介しましょう。

 

 

 

メールといえども挨拶は必要です。

 

 

 

‘おはよう’や‘お疲れ様’、‘先日はありがとうございました’
などといった挨拶文を文頭に入れましょう。

 

 

 

挨拶はコミュニケーションの基本であり、
何の挨拶もなく文章が始まるのは不躾です。

 

 

 

文章の見やすさも気をつけましょう。

 

 

 

句読点がない、改行しない又は改行が多すぎる、
無駄に長い文章は読みづらいです。

 

 

 

内容は簡潔に、見やすくを心がけましょう。

 

 

 

相手への気遣いが感じられるメールは好印象を与えます。

 

 

体調を気遣ってもらったり、励ましてもらうと、
自分のことを考えてくれたんだ、と思いうれしく感じます。

 

 

 

 

相手との親しさ度合いや上下関係など、
関係性に応じた語尾の使い方をしましょう。

 

 

 

また、親しくなりたい相手に‘です’‘ます’調では
いつまでも距離が縮められません。

 

 

 

‘〜だよね’‘〜ますね’‘〜かな’という風に最後に
ヤ行・ナ行をつけると柔らかい印象になり、距離感も
縮まるでしょう。

 

 

 

また、返信のメールなら相手のメールから
24時間以内にするようにしましょう。

 

 

 

ギャル文字は世代によっては
受け入れられないので相手によっては
使わないようにしましょう。