好かれる笑顔の作り方

好かれる笑顔の作り方

 

テレビなどを見ていると、この人の笑顔は素敵だけど、
この人の笑顔はなんだかイヤ。

 

 

というケースがありますよね。

 

 

では、好かれる笑顔の作り方とは
どのようにしたらいいのでしょうか。

 

 

 

まず子どもの笑顔を思い浮かべてみてください。

 

 

 

子どもは感情が素直な分、笑顔の時には本当に楽しそうに、
見ている人を幸せにするような笑顔をしています。

 

 

まさにあおの笑顔が好かれる笑顔の見本だと思ってください。

 

 

 

子どもの笑顔の特徴としては、まず目元です。

 

 

 

ちょっと目を細め、目じりはちょっと下がり気味、
眉間のあたりの緊張をほどいてみると、目元が
優しいイメージになります。

 

 

 

そして口もとは口角を上げてみましょう。

 

 

 

イメージとしては「イ」という母音を持つ音を
発生しているときの口もとです。

 

 

 

「キ」という音が
最も笑っているときの口角の上がり方に似ているそうです。

 

 

頬の最も高い部分を上にあげるようなイメージを持つといいようです。

 

 

 

笑顔を作ろうと考えるとややぎこちなくなりますが、
自分が好きなものや楽しいイメージを頭の中において、
笑顔の練習をするといいのではないでしょうか。